東洋カイロプラクティック協会


 カイロは《手》、プラクティックは《技術》や《施術》などの意味を表すギリシャ語が語源です。

 カイロプラクティックは、1895年アメリカのD.D.パーマ氏が背骨の異常と病気との関連について提唱し骨格と病気の関係を医学的に結びつけ治療体系としました。

 投薬や外科的な治療を行わない手技療法として、現在まで、アメリカをはじめ、ヨーロッパ・アジアなどの世界各地で発展してきました。
 カイロプラクティック療法は、人間の体を構造学的・神経学的にとらえ、手技を用いて人体の神経・生理機能を回復させ、人間が本来持っている自然治癒力を回復させる自然療法です。

 カイロプラクティック療法は、起因する調整の他、運動療法や内臓調整・食事療法も含まれ、急性や慢性の病気にかかりにくい体を作って行く予防医学でもあります。

当協会所属の
施術所のご案内
NPO法人東洋カイロプラクティック普及協会のご案内 カイロプラクティックの技術・理論・
知識を学びたい方へのご案内


©TOYO CHIROPRACTIC ASSOCIATION All rights reservde